ロックフィッシュ

ロマン砲はドラマフィッシュの夢を見るか?

今回、北九州は小倉から、『ガイドサービスセブン』の宮崎船長にお世話になり、タイラバとジギングに行ってきました。

船に乗り込み片道2時間かけて到着したポイントは沖ノ島!
海域的には20kgのヒラマサがいてもおかしくなく、前日はマグロもジギングで揚がったとのこと…

タックルはジギング、ライトジギング、タイラバ、キャスティング用に4本用意しましたが、メインで使用したのはBRIST comodo6.10XH
しかもただのcomodoではなく、日本未発売の対モンスタリール
U.S shimano TRANX 500HGを乗せた名付けて”ロマン砲”

メタルジグは100〜200gまでをチョイス

ショートピッチでも、スローピッチでも、comodoの粘り腰のティップが重さに負けることなくしっかりジグを跳ね上げてくれるので、ラインスラッグを良い塩梅に混ぜながら攻めることができます。

まぁしかしながら当たらない…

ちょっと浮気して、5.10MXHのライトジギングでヤズ(小型〜中型のブリ)
6.6L+のタイラバタックルでレンコダイを早々にGETしましたが、せっかくロマン溢れる場所にロマン溢れるタックルを持ってきたなら…と、あとは終始ロマン砲を振ってました(笑)

終盤に差し掛かると潮が効き始め、スロー系のジグでは底が取れず…
ストンと落とせるブルーブルーのコニファー190gで海底を爆撃!

そんなこんなで、延長戦のラスト1投…
ジグ着底後、少しリトリーブしてからスラッグを噛ませながらのショートピッチジャーク

もう一度落とすかとジャークを止めようとした時、ゴツンとHIT!
力強い生命感と下に突っ込もうとするダイブ
それをcomodoがベリーでブチ止める!…魚が弱いんじゃなくて、comodoが強すぎるんです(笑)
100mを巻き上げ上がってきたのはデッカいアオハタ!

20kgのヒラマサはまだまだ遠かったですが、本日最高のドラマフィッシュでした。