ヒラメ

下北半島横断サケチャレンジ

青森に赴任する前、職場の先輩から『青森ではサケ釣りする人がいるよ』と言われ、漠然といつか釣ってみたいと思っていた。

一月ほど前、ホームの赤灯台で釣りをしていたところ、初老のカッコいいルアーマンに話しかけられ、話が弾み1時間程話しこんでしまった。その中でサケ狙いの話が出て、尻労サーフが良いと教えて頂いた。

早ければ、おそらく年内にむつ市を離れることになるだろうから、出来れば今年中に釣っておきたい。福岡では釣れないからね。
また移動手段が原付しかないため、雪が降れば必然的にアウト。

そんなこんなで、今しかないとサーフゲームに初挑戦
タックルは先月購入したアンタレスDC7LVとFishman BRIST VENDAVAL 8.9M
これでメタルやスプーン、ジグヘッドを遠投して攻めていく。

まずはエンジェルスイマー30gを投げ、表層から中層まで巻くも異常無し。

ならばより広い範囲を攻めるため、闘魂ジグの40gで更に遠投。こうなるとVENDAVALの十八番で、軽い力でも目測7〜80mはカッ飛んでいく。DC音も最高だ。
そうしてキャスト、着底、ただ巻きからテンションフォールを繰り返すと、ほどなくしてロッドに重み…砂地で根掛かりはないはずだから、アタリ?とワンテンポ遅れて合わせると、暴れ出した。確かな生命反応!
やっぱり魚だ

そのままVENDAの強靭なバットパワーを活かし、巻き上げていくと波打ち際で海面を叩く大きな尻尾を視認。
サケか!と思い、そのまま引きずり上げたのは…

ナイスサイズのヒラメ
人生初ヒラメがこんな良型とは。

その後もキャストを続けるが、ソゲしか釣れなかったので、昼前に撤収
ヒラメ限定でモテ期きたか⁈

本命は釣れなかったものの、初回でこんなに良い魚が釣れてしまうと、サーフゲームがメチャクチャ面白くなってしまう。

ここ最近は渓流ロスが激しかったので雪が降るまで当面は通おう。