ボリビア

南米ボリビア、サン・ファン釣りの旅4

ひょんなことから、本日からフジイさんというご老人のお家にお世話になることに
元々農場主だが今は娘夫婦に譲り、小さな畑で野菜を育てていらっしゃるので、畑仕事をお手伝いする。

あとは夕食にカレーを作ったりした。
ライスは昨日の残りの鯛飯、ビーフカレーなのにシーフードぽくなって、これはこれであり。新発見!
サン・ファンでは、お店で日本のカレールーが1000円くらいで買えます。

翌日も池でパクー釣り
ユウキさんと友人のエイジさんにご一緒させて頂く。
ターゲットは大型のパクー、あとタライラやイシモチもいるそうだ。
ここ数日の釣りで感じたことだが、パクーは池に落ちる木の実なんかが好物で、落ちてくる物に反応が良い反面、警戒心が非常に高く、大きな足音やファイトで釣れなくなってしまう。
なので最初の数投が肝心で、これを逃すと非常に厳しい戦いになる。
ルアーはダイワエスラッシュ、キャストしフォール中にラインが走る!
合わせるも!乗らない…

再度キャスト、着水と同時に走り出すライン…巻きながらアワセ!
今度は乗った!右へ左へと走り出す。
ドラグを出しながら巻き寄せ、魚体が見えそうになったとき、フッと軽くなるテンション…フックオフ、残念
こちらの魚はアゴが強靭なので、掛かりどころによってはポロリが起こる。

それからは警戒させてしまったのか、アタリが遠のいたので、すぐ止なりの池でキャスト。
テンションフォール中にガツンと来た〜!
かなり良いファイト、巻き寄せ地面にずり上げる。
今回の旅で釣った中では最大サイズのパクー、いや〜楽しかった。

その後、最初の池に戻り木の実をエサに大物を狙っていると、エイジさんに大物がヒット、かなりの大物だ!
MLクラスのバスロッドがひん曲がり、アンバサダーが唸りを上げるも、巻いては出しての丁寧なファイトで徐々に間合いを詰めていく。ユウキさんが浮いて来た魚体に直接ボガ撃ち…獲った!

10kgオーバーのモンスターパクー!
あまりの重さに腕がプルプルに(笑)


その後、夜まで釣り続けたものの追加はなし。毎日魚の記録が更新され続けるサン・ファンでの釣りも残すところあとわずか…