ヤマメ

渓流ルアー初釣果


土曜は休日出勤でしたので、色々洗い流すために近くの川へ。
渓流ルアーは3度目の挑戦、未だ釣果なし。

前回のマダイで腹は決まったものの、それならそれで考えなくてはならないことは多い。
自然の中で頭を空っぽにできる時間は、本当に貴重だと感じる。

そんなこんなで沢登りをしつつ、素人目線で美味しそうなポイントを打つ。
普段ピン打ちの釣りをしないので、中々狙った通りにはいかないものの、思い描いた通りにキャストが決まると、それだけで嬉しい。

その嬉しさの後に魚が追ってくる姿を捉える。
しかし食わない。一度スレると追わなくなるので、そのポイントは諦め、さらに上流を目指す。

そうして小さな滝壺にたどり着いた。
ここが最初の魚留めだろう。
陽も傾き始めて居るので、今日の終着点はこの場所

1投目、水面を叩きミスキャスト、回収中に3匹追ってくるも反転。
2投目、倒木の際を狙うも、イメージとは30cmずれ着水。まだ追ってくるも食わず。
3投目、イメージ通り倒木の際を最も深く打つ。1匹追ってきて自身の目前1.5mの距離でルアーを加え反転
その銀色に目を奪われるも、フッキングしそのまま抜き上げる。

小さい。しかし美しい。
自身の渓流初釣果、忘れられない1尾